久我山 ゆに
に相談する

coicuruトップページ  >  ウォルター教授の研究レポート  >  「結婚してよかった…」結婚の魅力と理想の夫婦関係のつくり方

ウォルター教授の研究レポート

「結婚してよかった…」結婚の魅力と理想の夫婦関係のつくり方NEW!

結婚は絶対だと思われていた時代は終わり、生き方も多様化してるよね。そんな中でも「結婚してよかった」と思える夫婦になりたい! 
結婚してよかったと思える旦那さまってどんな人かな。素敵な旦那さまを捕まえる為には、自分もそう思われる奥さんにならなきゃだね。

「結婚してよかった」と思えるのはどんな瞬間だと思いますか?

色んな生き方を選択できる時代だからこそ、結婚するなら心から「結婚してよかった」と思える家庭を築きたいですよね。

今日は、筆者であり専門家の久我山ゆにが、結婚してよかったと思える夫婦になる為の秘訣についてお話しします。

「結婚相手はどんな人が理想なんだろう……」「結婚生活が自分に務まるか不安」など、不安や悩みを抱えているなら、久我山ゆにに話してみませんか?

下の「相談する」をタップすれば個別にお話できますよ。相談メールは随時受付中です。 

 

結婚してよかった……結婚のメリットとは、「安心感」

まず、結婚というシステムにはどんな魅力やメリットがあるのかを改めて確認してみたいな。 
そうだね。結婚って大変とか面倒くさいってイメージも少なくないだろうけど、メリットがあることも知っておいてほしい! 

結婚というシステムにはどんな魅力やメリットがあるのか……ひとことでザックリ言っちゃえば、「安心感」を得ることができます。

実家から自立した後は、経済面も生活面も全て自分で責任を持つことになりますよね。 

1人で背負っていたものを、夫婦で支え合えるってすごく心強い! どちらかが体調を崩した時、収入が減った時……支え合えるパートナーがいる安心感は結婚してしみじみ実感する人多いハズ。

公的な制度や契約関係は、結婚して正式な夫婦であることが前提なので、同棲カップルでは利用できないものも多々あります。

そして何といっても、大好きな人と毎日同じ家で過ごせる、帰る場所がある、という精神的な安心感は、一番の「結婚してよかった!」な瞬間ですよね。

結婚のメリットとは?

・好きな人と家族になれる
・子育てを経験できる
・経済的に安心できる
・生活を支え合える
・ 

関連記事

幸せな結婚生活のコツと条件~幸せが続く人が実践していること5選!

「結婚してよかった」と思える夫婦になる秘訣① 夫婦の時間を大切にする

結婚してよかったと思えるかどうかは、良い関係を続ける為にお互いがどこまで努力できるかだよね。 
他人同士が家族になるんだから、 夫婦円満の為に何が必要かを考えながら生活しないと、絶対何かしらの壁にぶつかるよね。

結婚してよかった、と思える夫婦になる秘訣は、「夫婦の時間を大切にする」です。

子どもが産まれたり仕事が忙しくなったりすると、毎日の生活に追われて夫婦の時間がなかなか作れなくなるかもしれません。

だけど、大変な時こそお互いの気持ちを聞いたり2人きりの時間でリフレッシュしたりするのが大事だったりします。

2人きりでゆっくりできる時間は意識して作りださなきゃ得られないので、食事に誘うとか子どもを親に預けるなどして、短時間でも実践するべし。

「結婚してよかった」と思える夫婦になる秘訣② 1人の時間も作るようにする

夫婦の時間以外に、1人の時間も必要……結婚すると思うように時間が作れなくなるんだね。大変そう。 
子育て期だけの、一時的なことかも。この時期はまだ夫婦としての年数も浅いから意識的に作るのが良いけど、熟年夫婦は自然にできちゃう。 

結婚してよかった、と思える夫婦になる秘訣は、「1人の時間も作るようにする」です。 

結婚して戸惑う人が多いのが、独身時代の自由な生活から、家族に縛られる生活へと急激に変化する不自由さです。

だけど、これも一時的なもの。子どもが小さくて手がかかる数年間のことで、大きくなれば親が一緒に過ごしたくても、子どもは友達や恋人との時間のほうが楽しくなっちゃう。

不自由に感じる数年間は、家族との時間を大事にしながら、1人になれるリフレッシュの時間を作れるようお互いに協力すれば、次の日からまた頑張れそうですよね。 

関連記事

今の結婚生活に不満?充実した楽しい「結婚生活」を過ごす方法5選

「結婚してよかった」と思える夫婦になる秘訣③ 感謝や思いやりの気持ちを忘れない

結婚してよかったと思えるのは、自分の選択や努力が報われた時かもしれない。 
そうだね。相手の頑張りをお互いに認めて伝え合うような夫婦になれると良いよね。

結婚してよかった、と思える夫婦になる秘訣は、「感謝や思いやりの気持ちを忘れない」です。 

結婚して一緒に生活するようになるとやりがちなのが、 相手のしてくれることに対して当たり前だと勘違いしてしまうこと。

自分に余裕がないと余計に「私はこんなに大変なんだから、あなたもそれくらいの負担は当然でしょ」なんて気持ちになりやすい……。

だけど、「私はこんなに大変なんだから~」というのは、自分の頑張りを認めてほしいと思っているから出るセリフです。

自分が思っているのと同じで、相手も同じように感じているかもしれません。

言葉で感謝を伝えたり、相手を労わる気持ちを忘れないようにしましょ。

 「結婚してよかった」そう思いあえる夫婦になりたいものですよね♪

この記事を今、見ているってことは、結婚生活が自分に向いているのか、不安を感じたからじゃない?

このページの一番下にある【相談する】のボタンから今の状況や、旦那さんに対する不満や、旦那さんとの関係性などお気軽に教えてください。

専門家のわたしがあなただけの専属アドバイザーとしてお返事をお送りします。

 

筆者:久我山ゆに

 

2023/12/03 09:00 専門家:久我山 ゆに気配り夫婦結婚相手既婚者信頼感カップル

久我山 ゆにに相談する

この記事が気に入ったら「イイネ」ボタンをクリック!

14,079 人がイイネしました♪

サイト内検索
facebook シェア
ツイート
Pocket
RSS

専門家

久我山 ゆに

久我山 ゆに

恋の相談のスペシャリスト。男女問わず幅広い層からの圧倒的な支持。執筆内容から❝情熱的である一方でその正確さは稀にいない❞との対外的評価を常に受ける。インテリア・ガーデニング・漫画が好きなどと多趣味であり、仕事と趣味での活動範囲は全国に及ぶ!

メルマガ登録でもっとcoicuru

twitter

FACEBOOK

広告掲載について